俺の遺言〜大空篇〜

遺言の書き方その壱

遺言の書き方その壱

遺言の書き方、このページでは遺言の書き方についての情報を紹介していきます。
少々難しくなっておりますが、後に起こる相続争いを避けるためにもキチンと書いておきましょう。
ココは面白可笑しくでは通らない厳しい所です。

遺言方式

遺言方式として、整理すべき相続や贈与に関する遺産が片付いたら、遺言書を愛すべき人たちに遺す言葉にしていきましょう。
ココで、遺言書を書き出す前にぜひとも心にというか頭に入れて置いて欲しいのが、遺言書は遺された財産の今後を左右する法的措置もとられるかなり重要な書類ともなると言う事です。
問題が大きく肥大化しないように法的な拘束力を持ち厳しく決められた方式が遺言にはあります。
整理足らずや適当で書かれたあやふやな情報は残された相続人をかえって混乱させるだけとなります、法的にも叶わないことや矛盾した内容や要望を書き記しても、その遺言は実行することができません。
また、一切遺産相続の何の知識も持たずに遺言書という文章を書くことができますが、定められた方式に従わなければその遺言は意味を持たず無効になってしまいます。
ここで大切なのが遺言製作時には財産分与を確実に実行する為に、骨肉の遺産相続争いを避けるために民法に則った方式を知っておくことです。
遺言と呼ばれる一般的な方式には次の三つが在りますそれぞれに作製内容やその効果が変わって来ます。

  1. 自筆証書遺言
  2. 公正証書遺言
  3. 秘密証書遺言

遺言者が健在である場合にはこの三つの方式のいずれかを選んで作成するようにします。

自筆証書遺言について

自筆証書遺言について、遺言を遺す本人が紙に書き記す遺言のことを言います。
特に決められた特定の道具は必要なく、紙とペン、そして本人の認め印鑑さえあればどこでも誰でも作成出来るので費用も時間も掛かりませんし、色々と手間が省けます。
そのため多くの遺言はこの方式で書かれています。ただし、法的に有効な書類にするためには、守らなければならない決まりごとがあります。

全文を自分の手で書くこと

遺言に使うペンや紙には特に指定はありません、メモ用紙に書き記した遺言も認可されてしまいます。
ただし注意点がいくつかあって、全文をかならず一文字一句全て自筆で書くこと、絶対に守ってください出ないと認可されません。
タイピングが得意で字も乱れないとワープロやタイプライターで書き上げることは禁止されています、どんなに本人が書いたといっても弁護士や家族に渡るまでの間に捏造されないと言う保障がありません。
たとえその内容に一文字でも本人ではない、誰かの手にかかって完成したとしたら、その遺言書は認められず書いた時点で無効となってしまいます。
つまり法的な有効性を持つ遺言書というのは、あくまで本人の意思で書くということです。
曲りなりにも他者の意見を取り入れたり、他者の言葉で書いたり、他者の願いを聞く、と言う事は絶対的に禁止されています、ちなみにもし他者が強制するようならばそれは脅迫罪として法的な処分が下されます。
これは、あくまでも遺言者の意思が自らの手によって書き殴られた逝く覚悟と愛すべき人たちへ送る最後の言葉となるのです自身の手で書くのが人としての理です。
ちなみに、筆跡鑑定士が調べるので事前に筆跡鑑定士から同筆跡の認定書を貰うか、弁護士立会いの元で書くようにすれば問題ありません、自筆証書遺言では字の上手い下手、文章が上手い下手は関係なく。
ただし、できるかぎりその伝えたい内容は皆に伝えやすくした方がいいでしょう。
文章をポエムや数字に置き換えて暗号化するような事は、無効となりますので、書き方に関して表現方法は自由ですが話しの本質の所はキチンと分かる表現にしましょう
民法で定められた相続方法や遺贈にまつわることを的確にまとめましょう。

作成した日付をかならず記入すること

遺言書の本文を書き終えたら、かならずその書いた日付を記入してください。
ココに記す年号は西暦でも元号でもいいのです。
必ずしも「ココに記入」と言う記入場所も特に規定とか指定はありません。
ちなみに遺言書は何度でも書き直しを許されている本人のみが発行できる重要書類です。
例えば、「早くから遺言書を用意していたけれど、その後、持っていた財産を失ってしまったり、長患いをしてすっかり家族の関係が変わってしまったり」などということも考えられるからです。
上記の場合、遺言者の死後に、遺言書を探すと何通もの遺言書がみつかることもあります。
そこに日付が書かれていない場合は遺言書自体が無効になってしまうため、どの遺言書が一番新しく書かれたものかを確認出来るため、遺言書を書くたびに日付の記入は忘れないでください。

氏名を自署し、押印を忘れないこと

氏名を自署し、押印を忘れないこと、つまり遺言書の本人の氏名はかならず自署で明記します。
氏名に関しては本人であることが判明するようならペンネームや芸名でもかまいませんが、弁護士や親族が確認するのですからココは一般的常識を考えて、戸籍上の氏名を記入してください。
氏名について語って来ましたが、忘れていけないのが押印ですのでキチンと書面に押されていることを確認してください。
ここで使う印鑑は実印でも認印でも何でもいいのですが、できれば一番絶対的本人権限の実印を押しておいた方がいいでしょう。
書面への押印の場所にも規定はありませんが、ココは一般的に氏名の下に押しておきましょう。
ここまでの一連の手順で、遺言書が完成したら自分の死後にあけてもらう為に「遺言書」と書き記した封筒に入れ、遺言書で使った印鑑も共に人の目に着かない場所へ隠しておきます。
入れる封筒は何でもいいのですが出来るだけ丈夫で完全に封が出来るタイプのものにしておいて下さい、大きな理由は遺言状を破損や汚れを防ぐことと、なにより他の第三者の手によって勝手に書き換えられることを考慮して事前に対策を掛けるためにこういった封筒が必要となるのです。
自筆証書遺言は家庭裁判所で開封することになっています。
それ以前に開封や書き換えの痕跡があれば、その遺言は無効になってしまう可能性もあるのです。
保管には充分気を遣って、紛失や破損されない場所を選びましょう。

Valuable information

外壁塗装を杉並区で依頼する

Last update:2017/11/10

CopyRight(C) 俺の遺言〜大空篇〜 AllRightReserved