俺の遺言〜大空篇〜

遺言とは

遺言とは

遺言とは、遺される愛すべき人たちへ送る言葉であり意志であり思いでもあります、遺言にはその内容に二つの側面があるのですよ。
ひとつは、文豪や偉人が遺した「文学的な意味での遺言」、もうひとつは来るべき死を理解し残された人たちへ生前の遺産などを自分の意志にする「法律上の遺言」です。

文学的な意味での遺言について

文学的な意味での遺言とは遺言、遺言書、遺言状など、その呼び方はいろいろありますが、すべて『自分が死んだ後、残った愛すべき人たちに託す言葉』、『自己の生きてきた証として刻む、自己の一生を物語る言葉』などとで説明できます、偉人に多く遺されています。
そこには、故人が残された家族に対して、生前の意志や思想や希望や要望を死後に叶えて欲しいという言い付けや希望を述べるという意味合いが強い遺言となってます。

自身の死を感じ取り死の間際、集まった愛すべき家族である配偶者や子供や親族に『息子よ、お母さんと一緒に思い出の詰まったこの家を守ってくれ。そして次男よ、長男と仲良く時に協力しておくれ。』と代表的な言葉は一般に『遺言』と言われますが、法律用語としての遺言とは異なってきます。

法律上の遺言について

法律上の遺言について、上記の「文学的な意味での遺言」と違う「法律上の遺言」とはどういったものでしょう?
この法律上の遺言とは、法律上の民法に規定された形式に従って作成された生前に弁護士と交わされた文書のことです。
生前に弁護士と共に作成された遺言状は、遺言者が亡くなられた時に弁護士が通夜かその前に家族の前で読み上げで同時に法的な効力が発生し、財産権が移転するなど、一定の法律上の効果が発生します。
「法律上の遺言」と違い、「文学的な意味の遺言状」はあくまで、「希望」や「言い付け」と言う要望であって、それに応えるか否かはその家族である相続人の自由です。
しかし、法律上の遺言の場合、一部例外を除いて故人の意思がそのまま実現されます。
と言うか法的措置により実行出来る範囲内ならば実行しなければならないのです。

遺言者になれる者

遺言者になれる者は、満15歳以上でなければなりません。
14歳以下の者は法律上有効な遺言を遺すことは出来ません、遺書と言う扱いになります。

遺言者となるに必要とされる条件は、まず物事を理解する能力が無ければならないと言う事と、物事を考えたり理解できる能力がある人だけが遺言として言葉を遺す事が出来ます。

ここで、成年被保佐人、成年被補助人は、その責任能力が「著しく不十分」、「不十分」とされていても、成人と言う立場から「能力が無い」わけでは有りません。
したがって、遺言を遺す事は可能と言うわけです。
ですが、成年被後見人は、その能力が「無い」とされていますので、遺言を遺す事が出来ないことになっています。

成年被後見人の遺言要件

成年被後見人の遺言要件とは、最後を看取った医師2人以上の立会いのもと、法律で定められた形式に従い文書を作成する事を指します。
立会いのもと作成した文書に、立ち会った医師が『遺言書作成時には能力が回復していた』等の能力の有無を書き加え、医師本人の署名・押印する事、2人で一通の遺言書は無効
となります。
例えのお話で、仮に夫婦が同時に遺言書を作成する場合には、必ず各自1通ずつ書いてください、故人の意思を一つにまとめるのはよくないと思いますし、法律的に認められません。

と遺言状にも色々な条件や要素などが含まれています、ここまで厳しくなったのは遺産相続による親族の骨肉を争うトラブルが原因となっているのです。
サスペンスや推理小説にもよく使われる遺産相続争いは実際に恨み妬み嫉みが争いの原因となっているのです、莫大な遺産ほど大きな抗争となり親族同士で殺人が起こると言う正にテレビや小説の様な実際の事件が起きるのです。
正に金○一やバ○ロー君ではトリックを解決できても恨みなどは解決できません。

もし、莫大な遺産や複雑な愛人関係などのトラブルを抱えた方がいらっしゃるのでしたら、相続はキチンと考えて振り分けた方が良いでしょう。
私は息子に土地をうp、嫁に家と財産をうp、と言う風に分けて行こうと思います、ですが予定では10年後です。

recommend

2017/1/13 更新

CopyRight(C) 俺の遺言〜大空篇〜 AllRightReserved